監理技術者になるために

  1. トップ
  2. 監理技術者のお仕事をお探しの方へ
  3. 監理技術者になるために

「資格者証」と「講習修了証」を取得しましょう

監理技術者になるには、監理技術者資格者証の交付を受け、かつ国土交通大臣の登録を受けた機関(建設業技術者センターなど)が実施する講習を受講し、「監理技術者講習修了証」の交付を受けなければならなくなりました。手続きについては以下の通りです。

監理技術者資格者証の交付 監理技術者講習修了証の交付
国土交通大臣指定資格者証交付機関に「資格者証」を申請し、資格者証の交付を受ける。 国土交通大臣登録講習実施機関に「講習」を受け、講習修了証の交付を受ける。

※ともに有効期限は5年です

※監理技術者資格者証を取得するには、次のいずれかの資格要件を満たす必要があります。

一級国家資格者

国土交通大臣特別認定者

規定の期間を満たす実務経験者

監理技術者の証明書提示の義務

「監理技術者講習修了証」と「監理技術者資格者証」の両方を携帯し、発注機関の請求に応じて、提示しなければならなくなりました。

※監理技術者講習の受講証明

  • 平成16年2月29日以前に資格者証を交付された方
    →資格者証の提示のみで受講が証明されます
  • 平成16年2月29日以前に指定講習を受講し、平成16月3月1日以降に交付された資格者証を所持している方
    →資格者証+講習修了証の提示で受講が証明されます

監理技術者の必要性

現在、政府の交付金を活用した公設民営(IRU)方式など、通信建設事業が増加しています。また2008年11月より建設業法が一部改正され、それまで監理技術者が不要であった下請け3,000万円以上の民間工事にも配置することが義務づけられました。

これらの変化により、全国的に監理技術者(通信・電気・その他)の有資格者が不足しています。その背景を受けて、監理技術者の需要は高まっているため、資格を取得するのであれば今がまさに絶好の機会といっても過言ではありません。法改正により、資格取得の難易度は高まったともいえますが、そのぶんの見返りも大きくなったという見方もできます。

資格取得のサポート

ホープネットでは、今後、監理事業者を目指される方、また資格の有効期限が切れている方に向けて資格取得のサポートも行っています。監理技術者資格者証および、監理技術者講習に関することならぜひ弊社までご相談ください。

本サービスへのお問い合わせ 資格拾得者のための転職サポートエントリーフォーム 0120-666-873 受付時間平日9:00~18:00 ※関東以外の方は03-5297-8004までご連絡ください。
本サービスへのお問い合わせ 資格拾得者のための転職サポートお問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る